格安のバーチャルオフィスの注意点

なるべくコストを抑えて起業するのが賢い商売の始め方です。賃貸事務所は高いのでレンタルオフィスの利用を考えている方もいるでしょう。しかし既に仕事できる環境を持っているのであれば、わざわざレンタルオフィスを借りる必要はありません。もっと安く起業をしたいのであればバーチャルオフィスがおすすめです。こちらは住所と電話番のみをレンタルできるサービスとなっているため、レンタルオフィスほどの金額は必要ないのがメリットとなっています。オプションも付帯しているので充実した商売をする事ができるのも特徴です。使い勝手の良いサービスですが、格安のバーチャルオフィスを利用する時はちょっと注意することがあります。今回は注意点を紹介するので借りる予定なら知っておくと良いです。

利用費用を理解しておく必要がある

いくら格安で利用できるとはいえランニングコストとイニシャルコストは重要です。特に毎月発生するランニングコストは長く経営をするうえで重要となってくるため、慎重にサービスを選ばないといけません。最初に入会金が必要になりますが、これは月額料金2ヶ月分くらいが妥当です。月額料金がかなり安い反面、入会金を高く設定しているところもあります。その逆もあるので内訳はしっかり調べておくのが無難です。サービスによっては保証金が必要になるところもあるため、こちらも調べておきましょう。また一定ごとに契約費用が発生する場合、結構なコストがかかります。更新の費用がかかるところは稀ですが、ホームページでチェックしておくと安全です。会社規模に応じた総コストで決めるのが安全な選び方となっています。

法人登記できるかどうかは特に重要

商売をするときに行わないといけないので法人登記です。しかし法人登記出来ない格安バーチャルオフィスもあるので、特に注意をしないといけません。登記可能なサービスであれば別料金を支払い対応してくれるとこもあるのです。これにより月額料金が変動する場合もあるのでしっかりホームページをチェックしておきましょう。個人事業酒であっても将来性を考えているのであれば法人登記は必須です。法人になるとき名義人変更をしないと行けませんが、これも手数料が発生する場合があります。本店と支店両方登記可能なところもあるので業種にあった場所を選択するとよいです。合理性を持っているのがバーチャルオフィスのメリットなので、商売する上で大いに活躍します。上記の ポイントを理解し、理想のオフィスを見つけましょう。