格安が嬉しいバーチャルオフィスのメリット

個人会社の場合、自宅と事務所を兼用していると、どうしても顧客からの信頼が下がってしまいます。自分で事業を起こしたいけれど、事務所を構えるほどではないという方には、バーチャルオフィスが便利です。このオフィスには、実際に自分が業務をするスペースは設けられていませんが、電話やFAX、郵便物の受け取りなどを代行し、自宅や仕事場に転送してくれます。運営する会社によっては、打ち合わせ用の会議室を使うことが出来たり、電話の応対をしてくれるセクレタリーサービスを行うところもあります。利用料金も通常のオフィスを借りるよりは、かなり格安です。初期投資をできるだけ抑えたい起業家にとっては、資金面でとても助かります。初めて起業するのであれば、まずはバーチャルオフィスから第一歩を踏み出しましょう。

コストが抑えられるバーチャルオフィスの利点

このオフィスを利用する最大のメリットは、何よりコストが安いということです。事務所を借りる場合、電話やFAXなどの設備投資や月々の家賃などかなりの費用がかかります。でもこのオフィスを利用すれば、設備投資がかからず、その分で余裕のできたお金を事業資金に回すことが可能です。設備がすでに整っているので、開設までの期間が短くすみます。一等地の事務所と契約すれば、格安で一等地に自分の会社を持つことができ、契約時の条件によっては、実際に法人登記できます。事務所の所在地は、会社のステイタスとなるので、信頼度を上げることができるでしょう。事務所を持たずに業務用の電話やFAXを持つことができ、自宅を仕事場にしている人には、プライベートとビジネスを分けることができます。

バーチャルオフィスの料金について

このオフィスを利用した場合、利用できる基本的なサービスは、会社の住所として利用できる住所貸し、郵便物や荷物の受け取り、FAXの利用、事務所用の電話番号などがあります。このサービスを利用するための費用として、一般的に月々5,000円~15,000円程度必要です。それ以外に入会金などの初期費用が、必要なところもあります。運営会社によっては、500円以下と格安のところもあります。ただ、そのようなオフィスは、立地が悪かったり、サービスが制限されていたりするので、しっかりと見極めて、自分にあったオフィスを選ぶようにしましょう。運営会社によっては、電話やFAX、郵便物などの転送サービスや電話対応サービス、会議室の利用料などがオプションになっている場合もあります。各種サービスを利用したい場合は、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。